気持ちよく滞在してもらうために必要な存在

お客様がホテルに滞在している間、気持ちよく過ごしてもらうためにはホテルスタッフの存在が不可欠です。中でも、コンシェルジュはありとあらゆる要望に応えなければいけないのですが、ゲストリレーションとどう違うのか知っておくといいでしょう。

コンシェルジュとゲストリレーションの違い

コンシェルジュ

宿泊するお客様だけに留まらず、ホテルのレストランを利用するお客様も含めて、要望に応えて満足してもらうのがコンシェルジュの仕事です。観光地の案内や施設・乗り物の予約はもちろん、誕生日やプロポーズなどの相談にものることがあります。要望に全て応えることができなくても、極力要望に沿うように努めないといけません。

ゲストリレーション

お客様が到着したときから帰るときまで、気持ちよく過ごしてもらえるように対応するのがゲストリレーションの仕事です。ホテルへの送迎だけでなく、館内外の施設を利用する時の手配、部屋の備品準備なども行うことがあります。総支配人の代理を任されることもあるポジションですが、フロント業務もこなします。

専門学校でホテルスタッフとしてのスキルを磨く

婦人

語学力も求められる

海外からの観光客が増加している近年、海外観光客にも対応できる語学力が今まで以上に求められます。専門学校では語学力アップのためのカリキュラムも設けられていますから、語学力に自信がない人でも心配いりません。海外への語学留学も充実しているので、積極的に挑戦してみるといいですね。

体力をつけることも重要

ホテルは基本的に年中無休で営業しています。そのため、シフト制で働くことが多いでしょう。また、立ち仕事となるため体力がないと務まりません。常に元気に働くためにも、体調管理や体力維持に気を付けてください。

フォトグラファーとしてホテルと関わるのもアリ

スタッフとして働く以外にも、フォトグラファーとしてホテルに訪れるお客様と関わることもできます。結婚式場が併設されているホテルなら結婚式の写真を撮ることになるでしょう。また、結納や家族写真を撮ることもあるはずです。

[PR]
競馬学校で知識を得よう!
ライバルに負けたくないなら必読★

ホテルスタッフに適した人

人に尽くすのが好きな人

ホテルスタッフは、お客様に気持ちよく過ごしてもらえるように工夫しないといけません。そのため、「人を喜ばせたい」「人が喜んでいるのが嬉しい」という気持ちを持っている人が適していると言えるでしょう。おもてなしする心を持っていないと、ホテルスタッフとして働くのは難しいかもしれません。

素早く行動できる人

ホテルで働いていると、予想外の出来事が発生するのは日常茶飯事です。その時に素早く行動できないと、お客様を満足させることはできないでしょう。また、要望を待つだけでなく、相手が何を求めているのか考え、自ら動くというフットワークの軽さも必要です。

周りと協力できる人

自分1人ではなく、周りのスタッフと協力して仕事をするのがホテルスタッフです。部門ごとに仕事内容がわかれているものの、お客様にはそんなことは関係ありません。周りのスタッフと協力し合いながら、より質の高い対応ができるようにするべきです。チームプレイだという意識をもって働くようにするといいでしょう。

明るく柔らかい雰囲気の人

サービス業では、常に明るく話しかけやすい雰囲気を作らないといけません。仏頂面でつまらなさそうにしているスタッフに声をかける人はいないでしょう。困った時や何かを頼みたいときに話しかけやすいように、爽やかで明るい雰囲気でいるように心がけるといいですね。自分自身を磨くことで、心に余裕が生まれるでしょう。

[PR]
写真の専門学校に通う
プロへの近道☆

[PR]
ネイルの専門学校に行こう
オープンキャンパスも実施中★