おすすめ美白化粧品バイブル|使用目的に合わせてアイテムを選ぶ

潤いある素肌づくり

目を閉じている女性

スキンケアから改善

皮膚が薄いことによって保水性が乏しくなりやすく、乾燥しやすくなるため、女性の場合にはスキンケアで乾燥肌対策を行う傾向にあります。特に目元の乾燥は、天然の保湿成分となってくれる皮脂の分泌が少ないため、通年通して乾燥しやすいのも特徴です。乾燥肌では摩擦による刺激がシワを作り出す結果にも結びつくため、伸びの良いテクスチャーの基礎化粧品が特に人気を集めています。例えば、メイク落としにおいても指が肌に触れにくい弾力のあるジェルが人気を集めています。さらに、アイメイクを落とす際には潤い成分配合となるポイントリムーバーを用いる一方で、潤い成分を含んだり織り込んだコットンやソフトで厚手のシートなどを用いり、優しく拭き取れるスキンケアが人気を集めており、オフ時にも潤いを浸透させ、刺激の少ない乾燥肌対策が普段のケアの流れの中で行える点でも支持されています。

眠活テクニック

乾燥には潤いを補うことが最も重要で、昼間にケア出来ない分、ゴールデンタイムを利用した眠活ケアで効率的に乾燥肌の改善を図ることが可能です。補う力に優れている基礎化粧品の1つがクリームで、化粧水がもつ保湿成分を閉じ込める役割や、血液循環にまで作用し、眠りにつきながら健康的な本来の肌質へ改善させる働きを担っています。特に、夜間から早朝にかけては気温差が激しいため、布団から露出する顔は冷えによって血液循環も悪くなりやすく、潤いベールとなるクリームを塗布することにより、保温効果を発揮し、眠っている間に分泌される成長ホルモンによって肌の機能を飛躍的に高めることが可能です。保湿性の高いクリームを利用することや時間帯を意識するテクニックで、カサカサした肌質が改善できる内容です。

Copyright © 2016 おすすめ美白化粧品バイブル|使用目的に合わせてアイテムを選ぶ All Rights Reserved.